Concord 機能
PDF Print E-mail

グローバルクラウド連携、Concord機能
クラウド連携プロジェクトを成功に導く機能美

Concordは、クラウド連携プロジェクトを確実に成功に導く、革新的5大機能とユニバーサルデザインを装備しています。Concordは、クラウドコンピューティングを前提とした基本設計(ネットワーク環境によるソフトウェア利用)により、従来のいかなるEAI、ETLソフトウェア製品で実現できなかった機能をバランス良く標準搭載しています。

1. クラウド連携に必要となる豊富な機能を標準装備

Concordは、クラウド連携に必要となる機能を1つにまとめたオールインワンタイプのサービスです。データ連携、データ同期、UIマッシュアップなど、あらゆる種類のプロジェクトに対応できる機能を装備し、クラウド連携のライフサイクル全体を解決します。また、直感的に使えるユーザ-インターフェースと豊富な管理機能で、アプリケーションの接続からデータ移行・変換、ワークフロー、管理と全てのプロセスをサポートします。

2. あらゆるクラウド、オンプレミスに確実に接続

Concordは、豊富なアダプタを提供しておりCRM、ERP、データベース、Webサービス、フラット・ファイルをはじめとする、数百種類に及ぶクラウド、オンプレミスのアプリケーションへの接続を可能としています。通常各データにアクセスするためには、データが格納されている各データソース(データベース、サービス、アプリケーションなど)によって大きく異なりますが、Concordは、各データソースごとに必要最低限のプロパティ(属性情報)を設定することでデータへのアクセスを可能としています。

3. クラウド連携は、クラウドの中で。完璧なクラウド・エクスペリエンス

Concordは、オンプレミスとクラウドへの接続から、データ移行・変換など全ての処理プロセスをクラウド上で実現したサービスです。全てのITリソースは、クラウド上から提供されるため、お客様はハードウェア、ソフトウェアを新たに購入することもなければ、導入作業に時間、手間を取られることも一切ありません。また、Concordの基本的な活用方法は、設計、実行、管理の3つで、誰でも使えるように設計されています。
使いやすく、わかりやすいユーザーインタフェース。的確で正確な連携ナビゲーション機能は、お客様に優れたクラウド・エクスペリエンスを提供します。

4. ノウハウ・ナレッジのシェアという新しい考え方。コミュニティ機能

Concordは、豊富なデータ移行、アプリケーション統合から得られたノウハウをテンプレートとして体系化し、コミュニティ機能にて共有、再利用を可能としています。テンプレート化によるアプローチにより、クラウド連携のプロジェクトを簡素化、効率化します。このコミュニティ機能では、Salesforce、Oracle、IBM、SAPなどあらゆる製品・サービスへのテンプレート(スクリプト)が用意されており、1クリックでダウンロードして使うことができます。簡単な連携であれば、パラメーターを変更するだけで各社の製品・サービスをつなげることが可能です。なお、お客様自身で作成したテンプレートをアップロードし企業様と共有することもできます。

5. クラウド連携 統合運用管理基盤

お客様は、いつでも、どこから複数の連携プロジェクトをWebベースの管理画面からの簡単に管理することができます。管理・運用は、WMC(Web Management Console)と呼ばれるWebブラウザベースの管理コンソールとCLI(Command Line Interface)と呼ばれるコマンドラインの2種類があります。作成したプロジェクトの設定から管理、運用をこれらでのツールにて簡単に行うことができます。

Last Updated on Thursday, 19 May 2011 08:14