次世代クラウド型ITガバナンス設計・導入

次世代クラウド型ITガバナンス設計・導入
クラウド時代のガバナンス設計を支援

次世代クラウド型ITガバナンス設計・導入を支援

IT戦略の実現に向けて、クラウド時代の外部サービス活用に力点を置いた新たなIT統制モデルを織り込んだ次世代クラウド型ITガバナンス設計・導入を推 進します。また、内外の複数の要因により、機能不全に陥ったガバナンスを見直し、業態・規模・商圏に最適なガバナンス実現に向けた改革も推進します。

クラウド時代に向けたITガバナンス変革の必要性

クラウドの進展により、外部のIT資産が企業内に取り入れられた結果として、ITとしての統制のかけ方も二つの方向性で見直すべき時期にきていま す。一つは、IT資産そのものに対する統制で、一定の方針・標準なくクラウド導入を推進すると、多種多様なクラウドソリューションを接続する先の内部シス テムへのIF(インターフェース)が無秩序に林立することになり、クラウド導入による短期的なコスト削減効果は得られたとしても、中長期的には高コスト構 造のITができあがってしまいます。従って、IT資産に対する統制のかけ方の見直しが必要になります。もう一つは、クラウドベンダーに対する統制で、企業 ITとしては、常にクラウドサービスそのものを組み換え可能な状態にしておくことを通して、特定のベンダーへの依存性を低くすると同時に、常に最適なサー ビスの組み合わせで実現される動的に最適化されたITの維持に努める必要があります。

複雑化するITガバナンスオプション

ITガバナンスとは、基本的に、ITリソース(ヒト(IT人材)・モノ(IT資産)・カネ(IT投資))に対する統制のかけ方であり、それぞれにおいて、 どの範囲(広さ)・どのレベル(深さ)で統制をかけていくかを定義したものです。統制の型としては、一極での統制力が強い順に、集権型、連邦型、分権型の 三種があり、業態、規模、商圏等によって、それぞれ最適な型が決まってきます。現在、多くの企業が統制上の課題を抱えており、多様なパターンをもつガバナ ンスの組み合わせの中から最適解を見極めることができずにいます。さらに、クラウド時代における新たな統制の要件を組み込む必要性の高まりをうけて、IT ガバナンスの複雑性は高まり続けています。

Last Updated on Thursday, 19 May 2011 08:14