次世代クラウド型IT組織・ケイパビリティ設計・導入

次世代クラウド型IT組織・ケイパビリティ設計・導入
企業独自の歴史・文化に根差した成功する組織変革の推進

次世代クラウド型IT組織・ケイパビリティ設計・導入を支援

経営・事業貢献の加速化に向けて、クラウド時代のIT部門のミッションの見直しからはじめ、最適なIT機能配置、IT組織形態を定義、それらを支える運用 プロセス・ルール、アウトソース方針、スキル定義、採用・育成方針の網羅的な検討を通じて、次世代クラウド型IT組織の確立を推進します。

上流領域へのシフトと専門能力の強化

クラウド活用を通した外部化の進展が意味するところは、「内部IT人材の解放」と「特定領域への専門特化」であるとブリスコラは捉えています。これまで、 企画から運用までを網羅的に担ってきた内部IT人材が、今後はより企業ITとして競争優位性の高い領域、具体的にはコモディティ化が進んでいる開発・運用 業務から、より上流の企画・要件定義業務へとシフトしていくことになります。具体的には、ITとしてのビジネスへの提供価値を高めていくために、以下の能 力を向上させていくことが求められるとブリスコラはみています。

  • 企業の業務プロセスの専門集団として業務改革を主導する能力
  • 企業の業務を実現するための最適なクラウドサービスの組み合わせを見極め、企画する能力
  • 企業のデータの専門集団としてデータを価値化するアナリティクス能力
  • 継続的に最新のテクノロジーをモニター、目利きし、企業ITに適用させる能力

上記の能力を駆使して、企業活動を下支えしつつも、経営・事業への直接的な貢献を推進していくことが今後のIT組織に求められるミッションとなる時代が迫っています。

如何なる時代も難易度の高いIT組織変革

企業のIT部門、またはIT子会社として目指すべき方向性が明確になっている場合でも、組織変革・ケイパビリティ設計には様々な課題が内在しています。具体的には、以下のような悩みをもつ企業が多いものとブリスコラは捉えています。

  • 変革の方向性は定めたものの、変革への抵抗感から変革がなかなか進まない
  • 必要なスキル・ケイパビリティが獲得できない(到達できない)

今後、上記にあげたような企業ITとしての新たな能力の獲得を目指す上で、これまで以上にダイナミックな変革が求められるようになり、組織変革の難易度はますます高まっていくものと想定されます。

Last Updated on Thursday, 19 May 2011 08:14