企業ITのクラウド活用能力診断・評価サービス、Cloud Innovation Insight

Cloud Innovation Insight
クラウドを中核にしたイノベーション機会診断・評価サービス

IoT/M2M時代における新しいイノベーションの必要性

あらゆるものがインターネットにつながり、相互に通信・制御・共調し合う「IoT(Internet of Things)」世界の実現に向けて、データの収集・蓄積・制御に軸足を置いた「M2M(Machine to Machine)」やデータの価値化に軸足を置いた「ビッグデータ/アナリティクス」等の市場が大きく成長し、様々な領域で市場構造変化を引き起こしつつあります。こうした背景のもと、テクノロジーに由来するイノベーションに注目し、そこから新たな価値を発掘、自らのビジネスの新たな成長エンジンとして育てようという企業の試みが加速しています。
これらの新興テクノロジーは、クラウドと密接に関連しているものが多く、新たな機会のビジネスモデルを下支えするソリューション層における最適なクラウド活用の重要性がますます高まってきています。

テクノロジーを織り込んだ新たな価値創出の実現機会の診断・評価支援

クラウドを中核にしたイノベーション機会診断サービス「Cloud Innovation Insight(クラウド・イノベーション・インサイト)」は、クラウドを要素として含む「IoT/M2M」、「ビッグデータ/アナリティクス」等の先進テクノロジーをイノベーションの中核として捉え、企業のバリューチェーンの上にテクノロジーを織り込み、新たな価値創出の実現を推進するものです。新たな市場の創出、または新たな市場への参入に向けて、内外環境分析から最適な市場ポジショニングを識別するとともに、ポジショニング確立のシナリオ策定、パートナリング戦略を含む事業戦略、及びクラウドを組み込んだソリューションアーキテクチャの策定を推進します。

本診断サービスがもたらす効果・メリット

  • 市場動向分析、競合動向分析を通じたテクノロジーイノベーション領域の外部環境の把握
  • 社内資産の優位性分析を通じたテクノロジーイノベーション領域の内部環境の把握
  • 市場ポジショニングと参入シナリオの識別
  • 新規事業のビジネスモデル・エコシステムの明確化
  • 新規事業のソリューションアーキテクチャ(クラウド含む)の明確化
Last Updated on Thursday, 19 May 2011 08:14