ニュース&トピック
ThinkIT仮想化・クラウド特集企画:クラウド環境の最適化を実現する
~「第2回 データ連携の仕組みとススメ方」の記事公開のお知らせ ~

2011年8月10日
株式会社ブリスコラ

インプレスビジネスメディア社が運営する、ソフトウェア開発の第一線に携わるITエンジニア向けに最新の技術情報と現場で使えるノウハウを提供するサイト「ThinkIT」の仮想化・クラウド特集企画:クラウド環境の最適化を実現するにて、本日、8月10日(水)にクラウドデータ連携の基礎知識の第2回目の記事が公開されました。

現在企業には、クラウドという新しい進化を取り入れて行く上で、「オンプレミス-クラウド間」はもちろん、「クラウド間の連携」を有機的に統合させるデータ連携の仕組みが必須となります。

本連載では、「エンジニアとして知っておきたい、クラウドデータ連携の基礎知識」というテーマで、データ連携のこれまでの歴史を復習するとともに、米国におけるデータ連携の事例なども交えながら「クラウド時代に求められるデータ連携」のノウハウや手法をエンジニアの視点からご紹介しています。

第2回目は、「データ連携を実現するために必要な要素と機能」、そして「現在利用されている汎用的な技術には、どのようものがあるのか」ということについてご紹介しています。
本連載が、情報システム担当者、ITエンジニア・管理者のITスキル向上の一助となれば幸いです。

第2回目 主なトピックス

  • データ連携に必要な手順と要素と機能
  • スキーマを定義できるXMLはデータ連携に最適
  • Webサービスの連携を実現するSOAP
  • HTTP上で気軽に利用できるがREST
  • 汎用的な技術でデータ連携は開発しやすくなったが・・・
  • Webサービスに対応していないオンプレミスとの連携は?
  • クラウドに特化したデータ連携・統合サービスとは?

ThinkIT 第2回 データ連携の仕組みとススメ方

http://thinkit.co.jp/story/2011/08/10/2231


本件に関するお問い合わせ
株式会社ブリスコラ 広報部 担当:西川
東京都港区赤坂7-3-37 プラース・カナダ1階
Tel :03-6894-7440 Fax:03-6894-7701 Mail:press@briscola.co.jp

Last Updated on Thursday, 19 May 2011 08:14