イベント&セミナー
会津若松スマートシティ推進協議会主催 シンポジウムのご案内
3.11復興シンポジウム2015「スマートシティによる会津創生」
~ 地方創生のリーダーとしてモデル都市を実現する ~

2015年2月24日
株式会社ブリスコラ

会津若松スマートシティ推進協議会は、東日本大震災から4年を迎えるこの日に、震災復興から地方創生へのステージに移り、持続可能な地方都市の在り方を問います。市民主導で省エネ・再エネによるエネルギーの地産地消、オープンデータ活用による新公共サービスのあり方や街づくりを考え、実現のイメージをイベントの参加者と共に議論することを目的としております。
会津若松市は、本年1月22日に、現政府が推進する地方創生モデル都市として、「アナリティクス産業の集積による地域活力再生計画」が認定されました。
また、会津大学は昨年文科省が推進する「スーパグローバル大学」に認定されました。
この2つの重要な認定は、会津若松市を中核に会津地域全体を再生させる新たな産業集積と高度人材育成を実現します。
さらに、再生可能エネルギーの成功例として、株式会社グリーン発電会津は、本年1月28日に、経済産業大臣賞金賞を日本全国で唯一受賞しました。
そして、2013年3月11日より稼働した100世帯HEMSは、20%以上の省エネを実現し、本年度、経済産業省大規模HEMS情報基盤整備事業に採択され500世帯へと拡張します。

会津の再生を目指し、3年前に始まった会津若松のスマートシティ構想は着実に進んでいます。
本会議は広く地域の皆様に、会津の未来を紹介します。ぜひご参集ください。

※弊社は、本シンポジウムの共催団体、一般社団法人オープンガバメントコンソーシアムの趣旨に賛同、共鳴し、2010年より参画しています。

3.11復興シンポジウム2015「スマートシティによる会津創生」 開催概要

名 称 3.11復興シンポジウム2015「スマートシティによる会津創生」
~ 地方創生のリーダーとしてモデル都市を実現する ~
主 催 会津若松スマートシティ推進協議会(会津若松市・会津大学・東邦銀行・㈱ナディス・㈱グリーン発電会津・くつろぎ宿・㈱ヒルサイドコネクション)
共 催 一般社団法人オープンガバメント・コンソーシアム(OGC)
日 時 2015年3月11日(水)
時 間 シンポジウム:13:30~18:00
会 場 会津大学 講義棟
〒965-8580 福島県会津若松市一箕町大字鶴賀上居合90
アクセスマップ
参加費 シンポジウム:無料
定 員 250名
お申し込み及びお問い合わせ先 アクセンチュア株式会社 福島イノベーションセンター 担当:塩原様
Tel:0242-37-7392 Mail:yuri.shiobara@accenture.com

プログラム

  • 開会ご挨拶:開会のご挨拶と地方創生への取り組み状況
  • 基調講演:日本が手本とすべきデジタル先進国、エストニアでの市民生活
  • 黙祷
  • 講演:レトロフィット型スマートシティによる会津創生
  • 講演:先端ICTラボ(LICTiA)によるスマートシティの推進
  • パネルディスカッション:市民主導スマートシティ

本件に関するお問い合わせ
株式会社ブリスコラ 広報部 担当:西川
東京都港区赤坂二丁目20番5号 デニス赤坂
Tel:03-6441-2614 Fax:03-6441-2615 Mail:press@briscola.co.jp

Last Updated on Tuesday, 24 Feb 2015 08:00