イベント&セミナー
OGC主催 クラウドセミナー 北海道2011 2011年7月26日開催のお知らせ

2011年7月6日
株式会社ブリスコラ

オープンガバメントクラウド・コンソーシアムでは、来る2011年7月26日(火)に「クラウドセミナー 北海道2011:クラウド時代のITエンジニア育成・能力開発 ~新たなビジネス環境に生き残ってゆくために~」と題して、クラウドセミナーを開催します。株式会社ブリスコラは、本コンソーシアムの趣旨に賛同、共鳴し、2010年より参画しています。このたびの、セミナーの開催趣旨は以下の通りです。

クラウドコンピューティングが大きな時代の流れとなり、ITに関係するビジネスは、従来のように情報システムの構築を行うという形から、インターネット上に提供された様々な分野やレベルのITサービスを人間系のサービスと組み合わせて新たな業務プロセスとして再構成するという、いわばサービス提供に重心をおいたビジネスが主流になろうとしている。このようにITとビジネスを一体化させて価値を生み出すためには、クラウドコンピューティングという仮想化・カプセル化されたITのパワーと業務の現場での課題とをうまくマッチングさせ、現場に合った適切なサービスを企画・設計し、実際にその場で実動検証しながら、問題解決のPDCAサイクルを回すことのできるアジャイル型のITエンジニアが求められようとしている。

一方、クラウド化により、すべての情報が集約されと、クラウド提供側の障害や情報事故等によってはサービスが提供できなくなる恐れがある。このためサービスレベルやセキュリティレベルを一定に保つ必要がある。現在供用されているクラウドサービスの多くが米国を中心とした海外の企業体によって提供されていることから、国内において同等のサービスを展開するためには、やはり世界標準に準拠した知識や技術が不可欠となる。こうした新しい環境の下では、これまでのITスキル標準(ITSS)や情報システムユーザースキル標準(UISS)の要求する技術やスキル要件では不十分となっており、新たな知識、技術やスキルの習得を急がなければ、ITベンダー企業のみならず、ユーザー企業内ITエンジニアの能力の陳腐化は急速に進むものと懸念される。

本セミナーでは、クラウド環境における、IT人材の新しい働き方、その能力要件( 既存のITSS人材像とクラウド時代のIT人材像の差分)、新時代に求められるIT人材像(ITアーキテクト人材像とデータセンタ運用人材像)、教育システム/能力開発システムのあり方など具体的に議論し、クラウド時代に対応できる高度IT人材育成/能力開発方法を提案する。

主なトピックス

  • クラウド時代のITの捉え方
  • クラウド環境におけるIT人材像の捉え方<ITアーキテクト人材、データセンタ ー運用人材、セキュリティ人材、PM人材・・・>
  • 既存のITSS(IT Skill Standard/経産省)人材像とクラウド時代のIT人材像との差異<既存ITSS、UISSの問題>
  • 差異をどう埋めるか<チームによる課題解決型学習(Project Based Learning)のすすめ>
  • セキュリティ技術の重要性とそれへの対応
  • 世界標準に適合しない日本のセキュリティ対策
  • ネグリジェントハイアリング(怠惰雇用)リスクの高まり
  • 世界標準に適合するセキュリティ人材の育成
  • 高度IT人材育成のための産官学連携体制
  • 人材育成に関する今後の課題と提言

クラウドセミナー 北海道2011 開催概要

名 称 クラウド時代のITエンジニア育成・能力開発
~ 新たなビジネス環境に生き残ってゆくために ~
主 催 オープンガバメントクラウド・コンソーシアム(OGC)
後 援 北海道経済産業局、北海道、岩見沢市
日 時 2011年7月26日(火)
時 間 セミナー : 13:30~17:10
交流会 : 17:15~18:45
会 場 岩見沢市自治体ネットワークセンター
セミナー:マルチメディアホール(4F)
交流会:多目的ホールA・B(2F)
対 象 道内ITベンダー/エンジニア、利活用業種企業など
入場料 無料/交流会 3,000円(実費)
※交流会参加費は当日受付にて現金にてお支払い願います。
お申し込み OGC 公式サイトよりお申込みください。
クラウドセミナー 北海道2011

本件に関するお問い合わせ
株式会社ブリスコラ 広報部 担当:西川
東京都港区赤坂7-3-37 プラース・カナダ1階
Tel :03-6894-7440 Fax:03-6894-7701 Mail:press@briscola.co.jp

Last Updated on Thursday, 19 May 2011 08:14