事業戦略・企画
国内ネットワーク事業者における
M2M事業戦略策定
事業戦略・企画
- 国内ネットワーク事業者におけるM2M事業戦略策定 -

外部環境、内部環境、標準化動向からターゲット市場ポジショニングを設定

国内においても徐々に市場が拡大しつつあるIoT(Internet of Things)/M2M(Machine to Machine)市場への参入を見据え、外部環境分析(市場動向分析、先進事/競合業者分析)、内部環境分析(SWOT分析≒ネットワーク事業者としての強みの最大化と弱みの補強方針見極め)、及びグローバルでのM2M標準化動向分析の三つの分析を重ねあわせ、狙うべき市場ポジショニングパターン及び、パターンに付随するサービスメニューを導出しました。

市場参入に向けたM2Mプラットフォーム実現ロードマップを策定

ターゲット市場への参入に向けて、主要プレイヤのM2Mプラットフォームの実現モデルを整理した上で、自社にマッチするプラットフォーム実現方針を設定。プラットフォーム形成に向けた施策を定義した上で、実現ロードマップを策定。事業性実証フィールド形成のためのM2Mレイヤ横断でのパートナリング戦略を策定し、最適なパートナーの目利、マッチングを通した事業化を推進しました。


Last Updated on Thursday, 19 May 2011 08:14