世界初のインテリジェントなヨガマット、SmartMat

「普通」の見た目に隠されたインテリジェントな機能

このマット、材質も、大きさも、厚みも、一般のものと変わりがなさそうですが、センサーが内蔵されているスマートヨガマットなのです。センサーとiOS、Android対応の専用アプリを連動させると、ポジション、バランス、アライメント(正しい姿勢)などのフィードバックをくれ、パーフェクトなポーズで最適なプラクティスができるように手助けをしてくれます。しかも、充電後の持続時間は6時間というすぐれもの。この製品を手がけるSmartMat社は、世界初のインテリジェントマットと謳っています。

40℃を超える温度にも耐えられるのでホットヨガにも使えるこのマットは、上記の写真のとおり、クルクルと巻いて、自由に持ち運びができるので、普通のマットを使われている方でも違和感なく使えそう。実はこんなにスマートな機能つきなのに、普通の見た目なので、ヨガのグループレッスンに持って行っても、周りのヨガマットに馴染み、いいですね!

ヨガの先生を補完する役割としてのスマートマット

このマットには、在宅でのプライベートやレッスンのアシストなどのモードがあり、プライベートモードでは、ユーザーが専用アプリにある好きなレッスンを選択し、受講すると、リアルタイムでポーズの修正が受けられ、得点付けも行なってくれるそうです。また、レッスンのアシストモードでは、実際のクラスへ持ってゆき、手足がマットのどこに置かれているかを温度分布図で示し、補助的に分析を行なってくれます。ヨガの先生のようですね!

とはいえ、SmartMat社の設立者で、ヨガの実践者でもあるNeyma Jahan氏によると、生徒をしばらく見ただけで、何千ものフォームを正確に把握することができる熟練した先生のようにはコンピュータはなれず、また、ヨガをしている人の身体ごとにパーフェクトなポーズを達成するためにバランスなどをミクロ単位で把握することは人間にはできないので、このマットはヨガの先生の代わりになるものではなく、あくまでもお互いを補完しあうものであると述べています。

熟練した先生になるのも難しいですが、このように人と先端技術がお互いの得意分野を最大限に活かし合えるツールは素敵ですね!

クラウドファンディングサイトでは1日で目標達成し、大好評!

このとてもスマートなマット、上の写真が示す通り、クラウドファンディングサイトのIndiegogoで、31日間で達成する予定だった目標額の11万USドルを1日もしないうちに達成してしまい、話題になっています。

Indiegogoでは様々なファンディングメニューがあり、初期の「Early Bird」では447USドル(予定)の定価からぐんと割り引いた、249USドルで提供されていたそうです。残念ながら、こちらの割引はもう売り切れてしまったそうですが、2014年10月15日時点ではそれでも「EarlyBird Special SmartMat」で297USドル(アメリカ、カナダ以外の国の場合は、送料でプラス45USドルが必要)など、特典つきの様々な価格メニューへ申し込むことができます。このIndiegogoでのキャンペーンは10月30日までで、その後は、SmartMatウェブサイト上で事前注文を受け付ける予定だそうです。

クラウドファンディングプラットフォームという性質上、掲載されている商品やプロジェクトに「投資」をしたものとみなされ、万が一、プロジェクトがなくなってしまっても返金されないので、注意は必要ですが、それでも、このマットは魅力的ですね。

出典1:SmartMat | Interactive In-home Yoga | SmartMat.com
http://www.smartmat.com/

出典2:SmartMat: The World’s First Intelligent Yoga Mat | Indiegogo
https://www.indiegogo.com/projects/smartmat-the-world-s-first-intelligent-yoga-mat

Last Updated on Tuesday, 11 Nov 2014 08:14