スマートリング(指輪型ウェアラブルデバイス)、MOTA SmartRing

場所を選ばないスマート指輪

「ウェアラブル」という言葉をニュースでみかけることが徐々に増え、9月はじめにはApple Watchも発表されました。こうしたウェアラブルグッズに興味はあるものの、スーツやワンピースなど普段の服装とはあまりマッチしなさそうなものが多いという理由などから、身につけるのには消極的になってしまっていませんか?

2014年9月5日から10日までベルリンで開催されていた欧州最大級の家電展示会IFAで披露されたばかりのMOTA SmartRingは、その名のとおりスマートな指輪で、専用アプリでAndroidやiPhoneと連動させ、指輪を見れば、着信やメール、SNSでのアップデートなどの通知を受け取ることができるというものです。写真のとおり、厚みのあるシンプルな指輪なので、ガジェットガジェットしておらず、場所を選びません。これなら割と違和感なくつけられそう!

指輪ひとつで、スマホから自由に

こちらの動画でMOTA共同創設者のKevin Faro氏が指摘していますが、場面によってはスマホを出しづらいこともあります。お客様との打ち合わせ中や食事会などで、おもむろにスマホを確認すると、失礼にあたることもありますね。

MOTA SmartRingの公式サイト上の“Disconnect to connect”というキャッチフレーズでお分かりのとおり、この指輪は、そんなスマホを出せない場面でスマホを手に取らずに新着情報が受け取ることができ、コネクテッドでいられるというものです。

動画にあるように会議中に「♥」というメッセージを確認していたら怒られてしまいそうですが、その他の使い方はありかもしれませんね。

受けたい通知は、自分で決める

このMOTA SmartRingでは、受け取りたい通知を自分で設定することができます。例えば、「家族」からのメッセージは受け取りたい、このお客様からの電話は、会議中であっても留守電に誘導ではなく、リアルタイムで受けたいというように。メッセージは指輪の上で確認ができ、電話は、着信時に指輪の振動で教えてくれます。

暇さえあればスマホを確認し、テキストメッセージやSNSのアップデートがあると、ついつい気になり、後でもいいものまで確認してしまう方もいらっしゃるのでは?でも、そうしたちょっとした、今ではなくてもいい新着情報チェックに、意外と時間をかけてしまっているので、「何でもある」スマホから「何が必要か」という情報のプライオリティづけをする契機としてもいいかもしれませんね。

この商品、早期予約割引が適用されて75USドルで、INDIEGOGOサイトで購入予約ができ、2015年4月ごろ(現時点での予定)商品を入手できるもよう。ただこのサイトはクラウドファンディングプラットフォームという性質上、掲載されている商品やプロジェクトに「投資」をしたものとみなされ、万が一、プロジェクトがなくなってしまっても返金されないので、ご注意を。

出典1:MOTA Smart Ring | MOT
https://www.mota.com/mota-smart-ring/

出典2:MOTA® to Debut the MOTA SmartRing at IFA Berlin This Week
http://www.marketwired.com/press-release/motar-to-debut-the-mota-smartring-at-ifa-berlin-this-week-1942871.htm

Last Updated on Wednesday, 15 Oct 2014 08:14