オープンAPIでの他社間連携によるホームオートメーション化を目指すNest Developer Program

Googleもファミリーとして認めたNestによる一大プロジェクト

前々回、前回は、Nest社が提供する次世代型のサーモスタットNest Learning Thermostatと煙・一酸化炭素感知器Nest Protect: Smoke + Carbon Monoxide™、およびそれら製品間での連携についてご紹介しました。

これらの製品が話題を呼んだだけではなく、今年の1月にはGoogleがNestを32億USドル(しかも現金!)で買収したことで日本でもニュースとして多く取り上げられたことをご記憶の方も多いかもしれません。このNestには、まだまだ続きのお話があります。

今年の6月、家の中のデバイスを遠隔で操作したり、電気をつけたり、フィットネスバンドや車と連携させたりして、より安全で、エネルギー効率の良い「コンシャス・ホーム」を作ることを目的として、自社のAPIをオープンにして5,000以上の開発者と恊働し、自社製品と他製品・サービス間で連携させるためのプログラム、Nest Developer Programを立ち上げました。

こちらで公開されているNest APIの概要とその後のアップデート情報により、連携について検討できるようになっています。既存の製品を次世代のものに変えるだけではなく、自社のAPIをオープンにして他社を巻き込み、家全体とその「意識」を変えてしまおうとする、攻めの姿勢と力が素晴らしいです。さすが、Googleが自社のファミリーとして認めただけある会社ですね。

Works with Nestでアイコニックな企業と連携

動画からもお分かりのとおり、本プログラムのメインプロジェクトであるWorks with Nestでは、このプログラムのキックオフとして以下のようにアイコニックな企業の数々と連携しています。

・IFTTT:Whistle Activity Monitorでも紹介したこのサービスで、例えば「もしもNest Protectが煙を検出したら、お隣さんにメールする」といったようにオリジナルのルールを作ることができます。
・Jawbone:起きているかどうかを教えてくれるJawboneのUP24とNestのサーモスタットが連携すると、起床・消灯時間に合わせて室内温度の調節ができます。
・LIFX:もしNest Protectの検知する煙・一酸化炭素レベルがあがるとLIFXのライトが赤く点滅したり、Nestのサーモスタットが家に誰もいない「Awayモード」になっていると、誰かに気付いてもらえるよう家中の照明を点滅させることができます。
・ロジテック:テレビを点けたり、映画を再生したりできるリモコンLogitech Harmony Ultimateで、Nestのサーモスタットの温度調整もできます。
・メルセデス・ベンツ:車が家に到着しそうなときに室内温度が適温に設定されたり、車内の中でサーモスタットの状態を確認したりすることができます。
・Whirlpool:Nestが提携している電力会社で提供されるRush Hour Rewardsプログラムを利用すると、NestがWhirlpool洗濯機に電力ピーク時になりそうな時を教えてくれ、ピーク時が終わるときまで洗濯開始のタイミングを遅らせてくれます。

全体的なホームオートメーション化を目指した提携が2014年9月に

このNest Developer Programが立ち上がった数日前に、Dropcamというスマートフォンやタブレット、パソコンと連動するモニタリングカメラの会社をGoogleファミリーとなったNest自身が5億5,500万USドルで買収(これも現金で!)されることで合意に至った旨が発表されました。

Nest Protectが煙や一酸化炭素を検出したら、カメラが作動して一部始終を録画したり、Nestのサーモスタットが家に誰もいない「Awayモード」にすると、Dropcamのカメラも何らかの動きがあった場合に作動する「モーション モード」に自動的に切り替わる、といったことが可能になるそうです。

そのおよそ3ヶ月後の9月に、DropcamのほかにもControl4、Crestron®、Remote Technologies Incorporated (RTI)、URC®との連携を発表しました。これらはすべてホームオートメーションのためのソリューションやサービスを提供している企業で、家全体をオートメーション化することに本腰を入れ始めているようです。

元々はサーモスタットや煙・一酸化感知器を作り販売している企業が、ホームオートメーションの中核としての存在を担うのがすごいですね。勢いのあるNestからまだまだ目が離せなさそうです。

出典1:Home | Nest
https://nest.com/

出典2:Google to Acquire Nest – Investor Relations – Google
https://investor.google.com/releases/2014/0113.html

出典3:Dropcam - Super Simple Video Monitoring and Security
https://www.dropcam.com/

Last Updated on Thursday, 25 Dec 2014 08:14