生活リズムを機械学習し自動調節&省エネ。次世代型サーモスタット、Nest Learning Thermostat

一週間の生活リズムを学習してくれる次世代型サーモスタット

こちらの壁にかかった丸い可愛らしい物体は、サーモスタットと呼ばれる室内の温度を自動調節してくれる機器です。サーモスタット自体は新しいものではありませんが、こちらの製品は、温度を随時調節すると、一週間の生活リズムを学習しはじめ、自動調整を行なってくれ、不在中には温度を下げるなどエネルギー節約にも役立つサーモスタットなのです。

プログラミングで動いている機械ではありますが、動画のように、起床時間には温度を調整したりして人の生活を見守ってくれているような温かさを感じさせます。センサー、アルゴリズム、機械学習、クラウドコンピューティングが活用されているそうで、まさに次世代型ですね!

学習するだけではなくて、ユーザーへエネルギー節約法を「教えて」くれる

このサーモスタットのAuto-Away™という機能では、センサーをつかい、人がいないときには温度を下げてエネルギー節約をします。また、いつもセットする温度をトラッキングし、よりエネルギー効率の良い設定をすると、緑の葉っぱを表示して教えてくれます。自分で学習するだけではなく、ユーザーへも学習させてくれるとは、良くできたサーモスタットです!

2011年10月の発売から5ヶ月後の2012年4月に、「ちょうど、冷凍庫から出したアイスが冷たいままであるように」冷房を消した後も5分から10分ほど冷え続け、最大30%までエネルギー使用量を節約できるAirwave™という機能も発表されました。

次世代型サーモスタットは、もちろんコネクテッド

この次世代型サーモスタット、もちろんコネクテッドで、WiFi経由でスマホやパソコンから、気温やスケジュール調整等、本体のリモート操作が可能です。また、ウェブや専用アプリでアカウントを作成すると(無料)、サーモスタットがユーザーの家について学んだことやエネルギーの利用状況など、より詳細のデータへアクセスすることができます。

生活リズムを機械学習。次世代型サーモスタット、Nest Learning Thermostat2


第二世代が2012年に発表され、今年からはイギリスやフランスなどヨーロッパでも発売されるようになった本製品の値段は249USドルで、Nestのホームページから購入することができます。

サーモスタット自体、日本ではあまり馴染みのない製品かもしれませんが、家にデフォルトでついていて、こだわる選択肢がなさそうな製品を見直し、次世代型へ発展させてしまう、この着眼点は参考になりそうですね!

出典1:Home | Nest
https://nest.com/

出典2:Life with Nest Thermostat | Nest
https://nest.com/thermostat/life-with-nest-thermostat/

出典3:Welcome to the press room | Nest
https://nest.com/press/

Last Updated on Tuesday, 9 Dec 2014 08:14